医療事務の仕事は人気ですが

医療事務の仕事は人気

医療事務は昔から女性にとても人気の仕事です。医療事務資格はユーキャンでも毎年1位になっています。

 

医療事務の仕事は専門職でありながら、初心者からでも数ヶ月の勉強で医療事務資格の合格が狙え、とっつきやすい業種です。

 

将来的な安定を考える女性や、再就職したい主婦に特に人気があります。

 

医療事務の資格はとても多くの種類がありますが、最も受験者数が多いといわれる「医療事務技能試験」の受験者は年間で延べ6万人以上が受験します。

 

ただし、医療事務技能試験も含め医療事務資格に国家資格はありません。
その他の医療事務関連の資格もすべて団体や会社が主催するいわゆる民間資格です。

 

専門学校や通信教育で学ぼうと考えている人は、その学校、講座の評判や口コミだけでなくどの資格が狙えるのかを事前に調べる必要があります。

 

もちろん独学でも、まずはどの資格を狙うのか?をしっかり調べる必要がありますね。

 

全日制の専門学校の場合は、取得できる資格よりも卒業生の就職先や就職率を確かめる方が良いでしょう。

 

医療事務の資格は難関試験ではありませんが、医療の専門用語や社会保険制度など普段の生活ではなじみのない単語や知識が多いので、特に独学や通信教育で合格を目指す場合は、軽い気持ちでなく覚悟を持って学習をスタートしてくださいね。

 

 

医療事務の仕事の現場

 

医療事務の仕事で最も負担の大きい仕事は何だと思いますか?

 

少し医療事務に就いて調べている人にはすぐに分かると思いますが、レセプト業務です。

 

患者さんの数だけレセプトがありますので、1ヵ月に数千人と患者さんが来るところは膨大な数になります。
電子カルテやレセコンが進歩し、昔よりはかなり業務の時間も削減されましたが、それでもやはりレセプト計算時期出来ある月初は残業となるところが多いです。

 

また、医療事務の職場が特段酷いとは思いませんが、女性が多い職場だけに人間関係が難しいところもあるようです。

 

また、医師や看護師はプライドが高い人も多く、接し方には気を使うという人もいます。

 

もちろん、そんな人や職場ばかりではありませんし、こればかりは実際に就職してみないとわからないことかもしれません。

 

もしも患者として行ってみてギスギスした雰囲気を感じるようなら、確実に避けた方が無難でしょう。

 

定期的に求人情報などをチェックして、いつも求人が出ているような医療機関は人の入れ替わりが激しい(頻繁に人が辞める)ということも考えられるので、応募する前に雰囲気を確認しに行く等してみてはいかがでしょうか。

関連ページ

医療事務の就職活動
医療事務で働こうと考えた時に、条件の良い職場を見つけ出すのはそれほど簡単ではありません。 時間等の都合がつけやすい。 これから高齢化がますます進む中需要が高まっている。 などの言葉で興味をひかれ、主婦層などが多く求人への応募を行っているので、競争率が高いのです。
医療事務の魅力
医療事務の仕事は一般的に年をそれほど気にせず仕事ができる。育児等で働いていない期間が長くても比較的容易に復職できる。経済状況等に関わらず一定の需要が見込める。どの病院やクリニックでも働くことができる。 など本当に魅力がたくさんある就労環境です。
医療事務専門学校と就職
医療事務の多くの学校で雇用会社の紹介はありますが、実際的には宣伝の為のオマケ程度のところもあります。 仕事を何ら保証するものとは違います。 医療事務の求人若干名に対して100名近い応募が殺到するケースもあります。
医療事務で人気の資格
医療事務講座の一環でレセプトチェックのセミナーなどを受講していれば、働き出してから就労先で重宝されるでしょう。 他にも、調剤事務の理解は調剤併設の薬局が増え人気が高くなっています。 総合病院やドラッグストアの求人に応募できます。
医療事務で問題だと思うこと
医療事務の資格に関してのTVコマーシャルなどで多くの魅力的な面が強調されています。 ・結婚や出産、育児でライフスタイルが変わっても仕事を続けやすい。 ・将来性も有り、安定性も最高!etc.  医療事務資格はとったのだが、仕事がほぼ無い。ということにはならないのでしょうか?
医療事務通学講座
医療事務の講座に通いだして、いざ講義を受講すれば講師たちの専門的知識に驚愕するかもしれません。生徒からの質問に実務の現場を想定してほぼ即答してくれるので、書籍では学べないことも比較的簡単に理解できます。
医療事務初心者の狙う資格
医療事務は健康保険制度など全くの初心者にとって難解な範囲も出てきますが、初めにレベルが高くない試験を目標に専門学校や通信教育で受講するなら、学習のやり方を話してくれたり、質問にもすぐに答えてもらえるので不安に思うことは無いです。
医療事務の男性スタッフ
医療事務員の中でいじめがかなりあると聞くのですが、男性がたった一人だとしてもいるときはいじめは発生しないきらいがあると聞きます。 男性職員がいることでいじめる側の人は男性スタッフの視線が心配なのだそうです。
医療事務とパソコン
医療事務で働きたい人でパソコンでの作業が抵抗ある方は、ほんのちょっとはじめのイロハのみ覚えて就職試験を受けましょう。 基礎部分を覚えたなら「PC作業は慣れています。」とアピールして良いと思われます。